お風呂でゆっくりリラックス

ページ

看護師の仕事は本当に大変です。基本的に立ち仕事で毎日の看護や介護、患者の移動など、勤務中はずっと動き回っていることも珍しくなく、常に体力を使います。そのうえ、命と隣り合わせの仕事のため、ミスをしないよう常に神経を張り詰めて仕事しているのです。患者やその家族、同僚、医師など他スタッフとのコミュニケ―ションにも気を使うことが多いので、1日の仕事が終わる頃には疲れ切っている人も多いでしょう。

夜勤もこなしている看護師であれば、1人2人で病棟を管理しなくてはならないため、神経を張り詰めて長時間勤務をしなくてはいけません。体調を崩して休んでしまうと他スタッフにも影響が出てしまい、休むこともままならないという場合があります。そのため、帰宅をしたら確実に1日の疲れを取ることに努めるため、身体を休ませたいと考えることも多いはずです。

日頃の生活の中で効果的に疲労を回復する方法として、まずはお風呂にゆっくりと入浴する方法があります。入浴の主な効果は、身体を温めることで血行がよくなったり、水圧による全身のマッサージ効果だったり、あとはリラックス効果です。リラックス効果をより高めたいときは、ややぬるめのお湯がいいとされています。寝る1時間前を目安に、ぬるめのお湯に20分ほどゆっくり入浴すると身体がリラックスモードになりよく眠れるのです。また、好みの香りの入浴剤を入れることでさらにリラックスし、疲労回復がしやすくなります。